3000の質問に答えるブログ

”わたし”についての3000の質問にひとつずつ答えるブログです。

はじめましてのご挨拶

 

はじめまして。  M子と申します。

この度はわたしのブログにお越しいただきありがとうございます。  

 

暇つぶしに書店をウロウロしていた時に、この"3000 Questions About Me" (わたしについての3000の質問)という本を見つけました。

 

エス、ノーで答える質問もあれば、ちょっと考えてからでないとすぐに答えが出せないような質問もあって、なんだかちょっと面白そう、と手に取ってみました。  

 

全部の質問に目を通してはいませんが、ちょっと覗いてみた感じ、なんだかこれをブログの題材にしたら面白そう!と思いつき、ひと記事一つの質問に答えるブログを書いてみることにしました。  

 

3000も質問があるので、毎日ひとつずつ答えて行っても、8年以上かかります。  毎日ブログを更新できる自信はないし、一体いつまで続けられるか分かりませんが、まずは初めの一歩から。  コツコツ頑張ります!

 

どんな質問が現れるのか、わたしにもまだ分かりません。  答えるのが難しい質問もあるかもしれませんが、自分なりの正直な真面目な回答を考えて、読者の方々と共有してみたいと思っています。  ふーん、そんな考え方もあるんだー、と興味を持っていただけたら幸いです。    

 

質問を読んで、自分だったらこう答えるな、というアイデアがありましたら、ぜひコメント欄に書いてみてください。 

 

このブログの他に、"スロスのアメリカンライフ"と、"スロスのシンプルダイアリー"というブログで、私の住むアメリカ、シアトル近郊や、アメリカ生活全般のこと、いろんなジャンル情報を書いています。  よろしければ、そちらの方もご覧ください。  

チョコレートのブログ5選と私のベストチョコレート

 

f:id:sebahava12:20181120100932j:plain

                

What food is romantic to you?

 

第103番目は「あなたにとってロマンチックな食べ物は?」という質問です。

 

私は断然色気より食い気なので、こういう質問は難しいですねえ。  食べ物自体がロマンチックなものってなんでしょう?  うーん、チョコレートかな?  甘いんだけど、ケーキでもアイスクリームでもなくて、やっぱりチョコレート。  チョコレートってなんとなく別格なお菓子のような気がします。

 

チョコレートって世界中、いろんな所で食べられているけど、とにかくいろんな種類がありますよね。  自分だけだったら試せる種類なんて限られているけど、素敵~! 食べてみたい~!と叫びたくなるようなチョコレートを沢山紹介してくれるブログがあるんですね。  いいなあと思うチョコレートのブログのトップ5を選んでみました。

 

トップ5と言っても一位から五位と順位をつけているわけではありません。  それぞれに魅力のあるブログなので、順不同ということであしからず。

 

チョコレートのブログ - Chocolat Lover's Net - By Ayumi - since 2003

 

blog.livedoor.jp

日本で唯一のチョコレートジャーナリスト、市川歩美さんが書いていらっしゃる、日本で最も長く続いているチョコレートのブログです。  

 

ただチョコレートを紹介するだけでなく、そのチョコレートが作られるまでのお話もとても興味があります。  

 

チョコレートのことではありませんが、プリン好きの人たちへのメッセージを書いた記事はうんうん、とうなずきたくなる内容です。

 

世界の果てまでチョコレート

 

info.felissimo.co.jp

フェリシモでチョコレートのバイヤーをされているみりさんのブログです。  

 

いろんな国を訪問して、珍しいチョコレートを紹介してくれます。  ブログのカテゴリーの欄に国の名前が書いてあって、そこをクリックすると綺麗で美味しそうなチョコレートが現れます。  全部食べてみたい!

 

チョコレートくんのチョコラボ

 

www.chocolabo.com

チョコレート好きのチョコレートくんが2014年にスタートしたチョコレートのブログです。  

 

お手軽なコンビニチョコとおしゃれな高級チョコレートの両方を紹介してくれます。 

 

簡単に買えるコンビニチョコだって馬鹿にしてはいけませんよ。  美味しそうなものがいっぱいです。

 

毎日チョコ生活

 

chie1129.hatenablog.com

chie1129さんのチョコレートブログです。  1年で1000個ずつということは、毎日2以上食べるってことですよね。  5000種類を目指しているそうですけど、そんなにチョコレートがあるの~?  すごいです。

 

このブログは写真が大きめなので、美味しそうなチョコレートがどーんと大きく見えてとてもよいです。  スクリーンからぽんと出てきてくれたらいいんだけど…

 

チョコレートマニア

 

chocolatemania.info

お名前はそのまんま、ちょこさんのチョコレートブログです。  ちょこさんは元パティシエ(見習い?)だそうです。 

 

いろんなお店の紹介から、海外のチョコレートまで、とても充実した内容です。  面白いのは、カテゴリーに義理チョコ用とか、友チョコ用なんていうのがあって、”それなり”のチョコレートが紹介されているんです。  どれも面白いチョコレートです。   

私の好きなチョコレートはこれ

 

シアトルにもいくつか美味しいチョコレート屋さんがありますけど、私がよく行くのはSee's Candiesですね。  お店に入った途端にサンプルをくれるんです。  それが目当てで行ったりして…  See'sはサンフランシスコの会社です。

 

sees.com

日本のチョコレートは、私の地元横浜の横浜かをりのトリュフが一番好きです。  ちょっとごつごつ感がある丸いチョコレートで、噛むと中がやわらか。  いくらでも食べられちゃう危険なお菓子です。  

 

ウェブサイトはこちら。  →   http://www.kawori.co.jp/yogashi2/20.html

 

チョコレート万歳! (本当は一番好きなお菓子はマロングラッセです)  

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


人気ブログランキング

  

 

あなたはどんなドライバー?

 

      f:id:sebahava12:20181117052152j:plain          

Compare your driving skills to something?

 

質問の102番は、「あなたの運転を何かに例えると何になりますか?」です。

 

私の運転ですか〜?  一応安全運転は心がけていますけどねえ。  よくアジア人(特に女性)は運転が下手、なんてアメリカでは言われていますね。  それが本当かどうかはわからないけど、シアトルの一部の地域にはアジア人が多くて、私もその辺りに行くことが多いから、これはひどいな、と思う運転をしている人がアジア人だったことはあります。  ということは結局アジア人は運転が下手なのかな?  どちらかというと技術よりはマナーが悪いような気がするけど…

 

上の写真に写っている看板には「シアトルのドライバーって本当にそんなにひどいの?」なんて書いてあります。  以前他の州から来た人たちに、シアトルのドライバーはみんなお行儀良すぎてノロノロ運転と言われたことがあるけど、最近はお行儀が悪くても車が多すぎるから自然とノロノロ運転になってしまいますね。  ひどい運転てどういう運転なんでしょう?  

 

何かに例えるとしたら、私の運転はウーバー(UBER)の運転手かな?  タクシー運転手ではなくてウーバー。  私はシアトル市内を転々と引っ越した経験があって、いろんな場所を知っているので、自慢じゃないけど通りの名前を言われれば大抵の場所は検討がつくくらいシアトルの地理には詳しいです。  まあ今はナビがあるからそんなの意味ないですけどね。  だけど知らないところに行くのは怖くていや、なんていう人が結構いるから、そういう人には連れて行ってくれる〜?なんて頼まれることがあります。  迎えに来てと頼まれれば、ホイホイオどこでも迎えに行きます。  運転するのは結構好きだから。  だから例えるならウーバーかなと思います。  もちろんお金はいただきませんよ。

 

アメリカで運転していると、車の車種と運転手のタイプがなんとなく共通しているように思えるから面白いです。  どんなタイプかというとこんな感じです。  ↓

 

グランマ・グランパ(おばあちゃん、おじいちゃん)タイプ

 

本当にお年を召した人もいれば、まだ若いのにグランマみたいに運転する人もいますけど、このタイプの人たちは、制限速度ぴったりかちょっとそれよりも遅めに運転する人が多いです。  急いでいるときに後ろについてしまうとイライラするタイプ。

 

車はアメ車が多いですね。  よくビューイック(Buick)とかって年寄りの車、なんて言われてたけど、最近はかなりスポーティーなイメージのデザインも増えています。  でもやっぱりビューイックとか、あとは昔のキャディラックをずっと乗ってるなんていう人を見かけます。  あとはたまーにだけど、クラシックカーと呼べるくらいの古いトラックとかに乗っていて、車の中でもカウボーイハットをかぶっているおじいさん。  きっとジーンズにブーツを履いて、カントリーシンガーみたいな格好なんじゃないかな?  (すごい偏見)

 

初心者ドライバー

 

アメリカには若葉マークなんてありませんから、初心者だって外から見たらわかりません。  でもやっぱり妙に早くにウィンカーを出したり、やたらと下り坂でブレーキを踏んだりします。  このタイプも制限速度をきっかり守る人が多いようです。  

 

アメリカでは16歳から車の免許が持てますが、高校生で自分の車を持っている子達は、お金持ちでなんでも買ってくれる親がいる子でない限り、かなり古くてポンコツに乗っている子が多いですね。  そういう車に乗って無謀な運転をしているのは、大抵がティーンエイジャーの男の子たち。  高校の近く辺りを運転するときには気をつけたほうがいいですよ。  私は何度も当てられそうになりました。

 

超接近テールゲートのタイプ 

 

トラックの荷台の後ろのところが開くようになっている部分をテールゲイト(Tailgate)と言いますが、後ろの車が前の車にすごーく接近して来ることをテールゲイティング(Tailgating)と言います。  

 

とにかくグングン速く走りたくて、前に走っている車を煽ってくるのがテールゲイトの運転手です。  あんまり近くに来られたら怖いから、大抵車線を変更して後ろの車に譲ってあげるけど、意地でも動かない人もいますよね。  そうするとテールゲイトしていた車がこんどは無理やり追越車線でない隣の車線に移って、今まで前にいた車の前にぐーんとまた車線変更してくることがあります。  そんなにしてまで一台抜かしたいのかねえ、なんて見ていると、また他の車の後ろにくっついてテールゲイトしていたり。  

 

こういうタイプは大抵大きなトラックとかSUV、あとはポルシェとかのパワー全開を自慢したくなるような車が多いですね。  ヴォルクスワーゲンのバグなんかにテールゲイトされたことはありません。  

 

ホンク、ホンク!  気が短いロードレイジのタイプ

 

テールゲイトする人にも似ているけど、もっと怖いのがロードレイジ(Roadrage)。  最悪なのは、車の中に銃を持っていて、気にくわない他の車をバンバン撃っちゃうタイプです。  これは犯罪だけど、そのほかにも、ここまでひどくないけどやめてほしい気短タイプがいます。  

 

すぐにクラクションを鳴らしたり、車の窓から首を出して騒いだりするタイプ。  こういうタイプはどんな車に乗っているか特定できないし、女性の運転手でもいます。  私の夫が道がわからずノロノロ、キョロキョロ運転していたときに、ぐーんと女の人に追い抜かれて、追い抜いたときに窓から「グランパー!(年寄りめー!)」と叫ばれ、サンルーフから中指を立てた手を振られました。  確かあの人はかなりたかそうなボルボだったかレクサスに乗っていた記憶があります。  いい車に乗っているからといって、お行儀がいいとは限りませんね。

 

どうぞ、どうぞの優しいタイプ

 

世の中の運転手がみんなこんなタイプだったらいいんですけど、シアトルみたいに一日中渋滞していて、目的地に着くためにみんなが血眼になっているところでは、そうそうお目にかかるタイプではありません。

 

このタイプの車はいろいろです。  男性もいれば女性もいるけど、私の場合、自分が女性だからか男性の方がナイスにしてくれる気がします。  (これも偏見)  

 

四方向が全部一旦停止しないといけないところとかで、偶然同じときに停止したときは、普通右側の人が先に行っていいことになっているけど、微妙な時ってあるんですよね。  そういう時に、どうぞお先に、とジェスチャーをしてくれるのがこのタイプ。  横断歩道がないところでも道を渡りたい人がいたらさっと止まってくれるし、のんびり道を渡っていてもイライラしないで見守ってくれるタイプです。  

 

水たまりがあったら歩道を歩いている人に水がかからないようによけてくれるとか、そおっと走ってくれるとか、とにかく気が利くのがこのタイプ。  

 

残念ながら滅多にお目にかからないのですねえ。  だから余計にありがたい存在です。  

 

 

あなたはどんなドライバーですか? 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


人気ブログランキング

  

 

犬の放し飼いは絶対反対!  

    

f:id:sebahava12:20181116145114j:plain

          

Have you ever swerved off the road to avoid hitting something?

 

101番目の質問です。  「あなたは運転中に何かを避けるために道から外れたことがありますか?」という質問ですね。  

 

やっと100問に答えて、さあこれから再スタート!と思って張り切っていたのに、この質問の答えは一言で終わってしまいます。  「いいえ、そんな経験はありません。」

 

でも道路から逸れたことはないですけど、他の車にぶつかりそうになったことなら何回かあります。  リスが目の前をちょろちょろ走っていて、それを避けるようとしてグニャグニャと蛇行してしまったことは何度かあります。  それで他の車にぶつかりそうになりました。  シアトルには至る所にリスがいます。  一度私の前を走っていた車がリスをひいてしまって、その音まで聞いてしまったことがありました。  あの時は涙が出ました。  運転手はそのまま走っていってしまいました。  私もわざわざ止まらなかったけど、あれはかわいそうだった。  あれ以来リスを見ると後ろも気にせず急ブレーキをかけてしまうことがあります。  とっても危ないです。

 

リスはその辺に勝手に住んでいる自由な動物だから仕方ないけど、たまに犬がひょこひょこ歩道を歩いているのを見かけることがあります。  そういう犬に限っていつも小さい犬なんです。

 

私の家の周りには坂が多いのですが、ある時坂道を車で下っていた時に、突然白いふわふわの犬が私の右の方から飛び出してきました。  多分まだその犬が歩道にいた時には、自動車2台分くらいの距離はあったと思います。  まず私は道の左側に立っていた女の人が口に手を当てて恐怖の表情をしているのを目にしました。  そしてその人の視線を追ったら犬がいたというわけです。  そしてその犬が道路に出てきたんです。  私は30㎞くらいで走っていたと思うけど、これでもか!とブレーキを踏んで、なんとか犬を避けることができました。  

 

私が見た女の人は、絶対私がその犬をひいてしまうと思ったに違いありません。  それでやめてー!なんて叫んでいたのかもしれません。  てっきり飼い主なのかと思っていたら、その女性は犬とは関係ない人でした。  その白い犬はこちらの気持ちなんかつゆ知らずに、ぴょこぴょこ楽しそうにどこかへ行ってしまいました。  

 

その他にも、違う犬だけど何度も放し飼いの犬が道路を横切っているのに出くわしたことがあります。  つい最近は、うちの前の道路の反対側に見たことがない犬がウロウロしていました。  車の量が多い道なので、飛び出してはねられたら困るから近くに寄って首についているタグをみてみました。  飼い主の名前と電話番号が書いてあるからすぐに電話したら、あらー、またー、みたいなことを言っていました。  どうやらその犬は脱走の常習犯だったようです。  随分離れたところからうちの近所に歩いてきたようでした。  

 

どうして自分の家の犬がいなくなって気がつかないんでしょう?  私も小さい犬を飼っているけど、幼児と同じで目を離すことはありません。  放っておいても何処へも行かない犬だけど、それでも家の外に出たらリードなしでは歩かせないし、敷地の外へは勝手に出したりしません。  

 

犬が勝手に飛び出してきたとしても、車ではねてしまったらドライバーの責任になるんでしょうか?  もし責任がないにしても、動物を怪我させたり、最悪の場合殺してしまったら、それは絶対トラウマになりますよ。  

 

飼い主の人は、絶対犬を放し飼いにはしないでください!  お願いします。  

  

 

   

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


人気ブログランキング

  

 

100の質問に答えてみました!  その結果は…

 

6月にこの3000の質問に答えるブログ を初めてから、5ヶ月近く経ちましたが、やっと前回の記事で100の質問に到達しました。  

 

このブログでは3000 Questions About Meという本に書かれている質問に、順番通りに答える形式をとっています。  ブログを始めた当初は、もうお題が決まっているんだから、書く内容に困ることはないからいいと軽く考えていました。  でも実際に書き始めると、どう文章にまとめたらいいのかわからないような質問もいくつもあって、まるで提出期限のない宿題を毎日出されているような感じでした。  それに質問の内容も、かなり深い内容から一言で答えておしまいになりそうな単純なものまであって、それがランダムに並んでいるので頭を切り替えるのに苦労しました。  でも常に挑戦されているというのは、将来ボケ防止になるかもしれないと思って頑張って続けています。

 

3000も質問があるうちのまだたった100の質問に答えただけですが、読者の方々の反応がとても面白いです。  アクセスがほとんどない日もあるかと思うと、次の日にはグーンと伸びたりします。  多分これはタイトルを見て面白そうと思うか、読む価値なさそうと思われるかが鍵になっているようです。  

 

私はアメリカに住んでいて、他にもアメリカの情報のブログを書いていますが、そちらはやっぱり海外の読者が多くて、こちらは日本の人が多いです。  だからなんとなく、日本ではどんなことに興味を持たれるのか、日本人はどんなことで悩んでいるのかなどがわかるような気がします。

 

一番よく読まれている記事は? 

 

myanswers.hatenablog.com

 

日本の察する文化に関する記事は書いた当初もかなり多く読まれて、検索でも私の記事の中ではいつもトップに上がっています。  

 

空気が読めないとか、日本人は言わなくてもわかるだろうという文化がありますけど、それがかなり行き過ぎているのではないかなあというのが私の感想です。  

 

意外にたくさん読まれている記事は?

 

myanswers.hatenablog.com

 

myanswers.hatenablog.com

 

この二つの記事はそんなに読む人がいないだろうと思っていたのに、かなりアクセスが多くて驚きました。  

 

胡蝶蘭の記事は、人からよく助けを求められることは何かという質問に答えたものです。  助けられるばっかりであまり助ける側には立たない私でも、胡蝶蘭はなぜかうまく育てられているので、アドバイスさせていただきました。

 

それからプリングルスの記事は、なんともおかしな質問だなあと思いながら書きました。  同じようにおかしな質問だなあと思って読まれたのかなあと思います。

 

自分を好きになるための記事は?

 

myanswers.hatenablog.com

 

myanswers.hatenablog.com

  

myanswers.hatenablog.com

 

自己肯定感が低いと、日々の生活が楽しくないですよね。  どんな人でもありのままの自分が好きになれたら、それだけでとっても幸せなことだと思います。  自信がなくて悩んでいる人に読んでもらいたい内容です。  

 

私が一番読んでもらいたいと思う記事は?

 

myanswers.hatenablog.com

 

この記事は男性にも女性にも読んでもらいたいですねえ。

 

このブログの今後

 

まだたったの100の質問に答えたばかりです。  2900も質問が残っていますからね。  頑張ってひとつずつ、考えて記事にしていきたいと思っています。  どんな質問が飛び出すかわかりませんが、これからもどうぞよろしくお願いします。  

 

     

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


人気ブログランキング

  

 

ウォーターフロスは断然おすすめ!

   

f:id:sebahava12:20180705125201j:plain

          

Do you floss or use a toothpick when food gets stuck in your teeth? 

 

100番目の質問です!  でもすごく変な質問です。  「あなたは食べ物が歯に挟まった時、フロスか楊枝を使いますか?」

 

はい、食べ物が挟まったらフロスを使います。  最近年をとってきて歯茎が下がってきたのか、歯に物が挟まることが多くなってきたような気がします。  だから外食するときのためにも、バッグの中にデンタルフロスを入れて持ち歩いています。  

 

アメリカに来てから20年以上になりますが、その間ずっと半年に一回は歯科医院で歯のクリーニングをしてもらっています。  その時に必ずまず聞かれることは、フロスをしているかいないかということです。  全ての食事のたびに歯磨きをするわけではないのですが、歯を磨くときには一緒にフロスもするようにしています。  でもどうも私のフロスの方法は、プロに言わせると正しくないやりかただったようです。

 

私としては歯と歯の間をコシコシすればそれでいいと思っていたのですが、本当はもっと歯と歯茎の間の隙間までフロスをいれて掃除をしないといけないというんです。  それに前から見た場合、まっすぐ歯の間だけを掃除するのではなく、フロスを縦横いろんな角度に変えて、歯の周りも掃除しないといけないそうです。  

 

そうはいっても私は歯並びが良くないし、かなり一本ずつがぎっちり生えているので、歯の見本を使って教えてくれるようにはうまくいきません。  それでも日本では年中虫歯の治療をしていたのに、こちらに来てからは新しい虫歯にはなっていないから、毎日のフロスと半年に一回のクリーニングは役に立っているようです。  ただ歯茎のほうだけは、最近衰えが出始めています。

 

一年ほど前に歯のクリーニングに行った時に、歯科衛生士のお姉さんにウォーターフロスを勧められました。  その前は電動の歯ブラシを勧められたから、またか~、この人そんなに物を売りつけたいの?と思ったけど、私が何を買っても彼女にはなんの得にもならないんだから、やっぱり素直に従った方がいいだろうと思いすぐお店に行きました。  

 

水流で歯の間をお掃除する物はいくつかブランドがあります。  私が買ったのはウォーターピックというブランドのものです。  特に宣伝する気はないので、興味がある人はご自分でいろいろとサーチしてみてください。  インターネットで見るといろいろ出ています。  私はシアトルのBed Bath & Beyondで買いました。  大きな水のタンクがついていないもので、持ち運びが簡単です。  水流の強さの調整が二段階しかできないので、もっと強くしたい人にはお勧めしません。  それから水が出るノズルは細い物を後で買い足しました。

 

それを使い始めて半年してまた歯のクリーニングに行った時に、歯茎の状態が良くなっていると言われ、実際に歯周ポケットも浅くなっていました。  

 

ウォーターフロスのレビューで使った後に食べかすが出てきて驚いたという人がいます。  それについて歯磨きの前に使えばそれは当たり前とか、歯磨きの仕方が悪いんだろうとかいう人もいますが、歯科衛生士の人に聞いたところ、電動歯ブラシデンタルフロスを使う人でも、使い方が正しくないと汚れが残る場合がある、その場合ウォーターフロスは届きにくい所の食べかすも押し出してくれるから使う価値があるとのことでした。  私もきちんとフロスをしていたつもりなのに、その後ウォーターフロスを使ってみたら、もっと食べかすが出てきたことがあります。  一体口の中はどんなだったんだろうと想像すると恐ろしいです。

 

値段が安い物ではないですけど、デンタルフロスは使い捨てだと思えば、長く使えるからウォーターフロスの機械を買うのもそんなに悪くはないと思います。  歯周病が心配な方にはおすすめします。

 

   

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


人気ブログランキング

  

 

もう言いたくないセリフと一度は言ってみたい言葉

    

f:id:sebahava12:20180716034936j:plain

          

What are 3 phrases or sayings you say almost every day?

 

99番目の質問です。  「あなたがほとんど毎日言う三つの口癖はなんですか?」

 

口癖って自分ではそんなに何度も言っているつもりじゃなくても、実はついつい口にしてしまって、周りで聞いている人にはわかっているけど、自分では気がついてないっていうことありますよね。  

 

私はなんでもかんでも可愛いというので、よく家族に他の言葉を知らんのか?と笑われます。  

 

前にもこんな記事を書きました。  あれ以来もっと語彙を増やそうと努力はしているのですが、あまり進歩していないようです。

 

myanswers.hatenablog.com

 

この質問ではphrasesとなっていて、ほとんど毎日言うことと書いてあるから、本当は口癖とはちょっと違うかもしれません。  必要だから言う


セリフというのもありますよね。  例えばお店で働いていたら、「いらっしゃいませ」というのは当たり前でしょう。  

 

そう考えると、私がよく言うのは、「何食べたい?」「歯磨きしなさいよ!」「もう寝なさい!」の三つかな?  

 

主婦にとっては献立を考えるのはそんなに簡単な仕事ではないですよね。  冷蔵庫にある食材を把握して、それに何を足したら何が作れるかも考えないといけなくて、しかも予算も考えないといけないし。  もちろん体にいいからと言っても家族が嫌いな食べ物を作ったら、結局誰も食べたがらないなんてことにもなるわけです。  だからまず、「何食べたい?」、このセリフが出てくるわけです。  でも大抵「何食べたいの?」と質問で答えられるから、全然答えになっていない!  たまにまともな返事が返ってくると、それを作るにはわざわざ遠くのお店に行かないといけなかったりするから、それは無理だよ、なんていうと、じゃあ聞かないでよ!と怒られたりします。

 

あとはもう娘はほとんど大人なのに、つい「歯磨きしなさいよ!」とか、「もう寝なさい!」と言ってしまいます。  彼女が大学に入って寮に住むようになったばかりの頃は、鬱陶しい親だとはわかっていながらも、テキストで歯磨き忘れるんじゃないよ!なんて送っていたほどです。  割と放任主義で、娘が何してようとあまり気にしない方だけど、どうしても虫歯だけは気になって放って置けないんですよねえ。  今は大学を休学して家にいるので、一時期言わなくなったセリフをまた言うようになってしまって、自分は一体いつこれを言わなくなるんだろう、と少々不安になっています。

 

人間は誰でも心配したり、気遣ってあげる人がいなくなったらとても寂しいと思うので、人の心配をしていられるうちが花なのかなあと思うことにしていますが、出来ればこの三つはもう言うのはやめたいです。

 

その代わり、「あら、ご飯の支度してくれたの?  ありがとう!」とか、「あなたは規則正しい生活で偉いわねえ、見習いたいわ。」とか、「いつも家の中をピカピカにしてくれてありがとう!」なんて言ってみたいものです。

 

   

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


人気ブログランキング

  

 

寝付けない時は考えるのではなく想像してみる

   

f:id:sebahava12:20180626115118j:plain
         

What makes you lose sleep?

 

質問の第98番目は、「何があなたを眠れなくさせますか?」です。

 

最近、睡眠負債という言葉を初めて知りました。  十分な睡眠をとれないということは、体にいい影響を与えるはずがないですね。  でもだからと言って眠らなければいけない!と無理に寝ようとすると、それがまたストレスになって余計に寝付けないということもあるようです。

 

私はありがたいことに眠りにつくのは簡単で、一度眠ってしまったら多少のことでは目を覚ますことはありません。  図太い性質なのかもしれませんけど、眠りに関してはそれがとても役に立っているようです。  音や光に敏感で、すぐに目を覚ましてしまって、それからまた眠りに戻るのが難しい人は、本当にお気の毒だなあと思います。

 

そんな私でもなかなか寝付けないことはあります。  つい最近のことだと、娘が突然病気になった時です。  最悪の場合命に関わる病気だったのに、おかしなことに何故か病気そのものについては怖いとか、どうしてそんな病気になってしまったんだろうとか、そういうことは一切頭に浮かんできませんでした。  それよりも妙に納得してしまって、さっさと最悪の時の覚悟まで出来ていた自分のことを考え出しました。  そんな自分は母親として異常なのではないかと思ったら、次から次へと自分のことを分析し始めてしまって、それですっかり目が冴えてしまいました。

 

もっと若い頃だと、学校のことや職場での人間関係など、昼間に起こったことを色々と考えてしまって、頭の中から追い出したくても出て行くどころかどんどん大きくなって行ってしまうことがありました。  

 

そんな時に思いついたのが、実生活とはまるっきり関係ない自分を想像してみることでした。  

 

デイドリームってありますよね。  子供のお話なんかにもたまにあるけれど、例えば孤児院にいる女の子が、今は惨めな暮らしをしているけど、本当は私は高貴な生まれのプリンセスなんだ、なんて言って大きなお城に住んで贅沢な生活をして、ちやほやされている姿を想像したりするとか。  

 

私の場合そういう生活は望んでいませんけど、自分とはまるっきりかけ離れた、生まれ変わるんだったらこんな風になれたらいいなあと思うような人や生活を想像してみることがあります。  ただ想像するだけだから、なんでもありです。  どんな姿形をしているとか、どんな家に住んで、どんな家族がいて、何をして暮らしているかとか。  あれも出来る、これも出来ると本当の自分にはまったく手の届かないようなことでもいいんです。  自分が好きなように想像するんだから、痛みも悲しみも、嫌なことは何も想像しないでいいんです。  

 

どうして想像するといいのかというと、想像しているときと考えている時では、使っている頭の部分が違うようなんです。  もちろん私は専門家ではないから、医学的根拠はありません。  ただある時ふと感じたんですが、色々考えて眠れなかった時は、頭の中がとても活発に動いているような感じでした。  それで神経が必要以上にピリピリして、全然リラックスしていないんです。  でもただ日常生活とは全く関係ない、夢のような自分を想像していた時には、頭の前の方というか、上の方というか、考えている時とは違う頭の部分を使っているように感じるんです。  そしていつもいつの間にか眠りについていました。  

 

毎晩しっかり眠れなくて困っている方は、本当に大変だと思います。  私の場合は考えるのではなく、楽しいことを想像することで脳がリラックスするようです。  眠れない方々に、自分に合った良いリラックス方法がみつかりますように。    

 

   

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


人気ブログランキング